鈴瑚の団子

おいしかった団子

劇場版BLAME! をいっぱい見た感想

BLAME!をいっぱい見て、思ったことが沢山あるので、整理と記録のために感想を書くよ。「最高!」の一言で片づけるのはもったいないし。

ちなみに見た回数は三回。全部同じ劇場で見た。同じ映画を複数回見たのはこれが初めてだった。見るごとに印象が変わったので回数ごとの感想を書いていく。

 

www.blame.jp

一回目

一回目見たときはほとんど原作について知らなかった。原作の一巻は読んだことがあったけど、あれに書いてある文字は「シャキッ…サクッ…グシャッ…」程度のものなのでストーリーに関する知識はまるでない状態だった。そんな状態で見た一回目の感想は「かっこいい!かわいい!頽廃的な雰囲気がいい!」

少女終末旅行」が好きだからか、ただ単に分かりやすいからか、世界観やストーリーはすんなり理解できるもので、頭を使うことはなかった。なので思う存分音響や映像を味わうことが出来た。僕の見た映画館は東亜重音上映ではなかったけど、それでも壁が揺れる音が聞こえるくらいの爆音の連続でめちゃくちゃ興奮した。やっぱり何といっても重力子放射線射出装置。あれはすごい。ドドドドド

初めて見て一番興奮したのはサナカンの登場シーン。「おおー!!ここで新キャラ登場かよ!!しかもかわいいな!!」。安倍吉俊の「廃域」がフラッシュバックした。そこからの霧亥との戦闘シーンは終始興奮しっぱなしだった。そしてひと段落ついたと思ったらこんどは霧亥、エレベーターに乗らないであのセリフでしょ。もうかっこいい以外の感情を失いました。そんな一回目。

見終わった後、僕と同じスクリーンで見ていたかわいい女の子がフライヤーを持ち帰っていたので、僕も真似して持ち帰った。そのあとネットでいろいろ調べて設定資料集の存在を知ったので、本屋で買った。

 

 

少女終末旅行 1巻 (バンチコミックス)

少女終末旅行 1巻 (バンチコミックス)

 
劇場版「BLAME!」 弐瓶勉描きおろし設定資料集

劇場版「BLAME!」 弐瓶勉描きおろし設定資料集

 

 二回目

二回目までに資料集やネットの紹介ブログ、公式サイトなどを見て、BLAME!についての知識を蓄えておいた。その一つ一つを検証するように集中して見たためか、二回目の感想は「短い!」。105分のところが30分くらいに感じられた。

二回目での発見は、最初のナレーションの声の主がづるの孫ということや、霧亥が最後に渡したのはセーフガードよけということ、壁が震える音がしなかったので前回のスクリーンには欠陥があるということ、あんどそーおん。シボのホログラフと霧亥が接触するときの「私は、シボ」ってセリフが聞き取れたときはうれしかった。

家に帰るまで、頭の中にはずっとエンディングの「Calling you」が流れていた。

三回目

以前「映画は三回目が一番楽しめる」と聞いたことがある。それでバイアスがかかったのかもしれないけど、三回目の感想は「楽しい!」

正直三回目ともなると、見ていて驚くことはなくなる。次何が起こるか、どんな音がするか大体覚えているからだ。しかし、だからといってつまらなくなることはなく、むしろそれまでよりも楽しくなるという現象が起こる。これはストーリーはすでに知っているので、登場人物の心情や見えないところなどを想像する余裕が生まれるからだと思う。そこが、たくさん見ることの良さだ。でも好きでもない映画はたくさん見るのはむしろストレスなわけで、つまり私はこの映画が好きなのだ。好きなら何でも良い。かわいいは正義なのと同じように。

もちろん三回目でも新しい発見はあった。霧亥が子供たちに食料をあげた理由が分かったり。

三回目見終わった後、BLAME!のVR体験をした。VRは初めてだったので緊張したけどやってよかった。良くないわけないでしょ。もっとあの世界歩いてみたいなあ。妄想力を鍛えよう。

 

その他

●Calling youの歌詞について

 調べても出てこないし、聴いてもよくわからない。気になりすぎる。下手な英語にも聞こえるし、日本語にも聞こえる。以下、聞えたとこだけ空耳。これは霧亥の歌かな?

I feel 痛み.I feel ひとり. どこにある Where is a password? Here? I'm standing along. I don't know why. Calling you. どこまでが

●主題について

 SFに主題とかメッセージとかはないと思うけど、人類はいつか必ず衰退するんだから大丈夫だよ!(何に)というメッセージを感じた。それにしても、人がよく外敵に殺されたり、村人たちの服装髪型が弥生時代っぽかったり、若い人のほうが保守的だったり、何から何まで人類が発展していった時代をさかのぼってる感じだなあと思った。

●原作について

 新装版高すぎぃ!古いほうの10巻そろえる。今3巻まで読んだけど、またサナカンに惚れた。関連でシドニアの騎士なんかも見たい。

●終わりに

 原作読んで、関連作品見て、関連商品買って、DVD出たら買いたい。妄想もしたい。良いものを見た。